2019年7月11日木曜日

令和元年度東北地区盲学校フロアバレーボール盛岡大会

 7月10日(水)、東北地区盲学校フロアバレーボール盛岡大会が開催されました。参加した4校(青森県立盲学校、宮城県立視覚支援学校、福島県立視覚支援学校、岩手県立盛岡支援学校)のうち、全国大会へは福島県立視覚支援学校(優勝)と本校(開催地枠)が出場することになりました。おめでとうございます。
 本校のFV選手以外の中学部・高等部の生徒は、試合間に体育館の床を清掃するモッパーとして大会に参加しました。小学部の児童は、スクールバス会場まできて応援してくれました。

 
 

 
          
          
 
 

   
                         
 



 



 

 

2019年7月9日火曜日

寮祭

 7月19日(金)に、第57回寮祭が行われます。部活などで忙しい中、児童生徒は準備に取り組んでいます。当日は焼き鳥やかき氷などの出店、4択クイズの余興が行われますので、皆さんのおこしをお待ちしております!

2019年7月5日金曜日

手でみる博物館へいきました

  7月4日(木)専攻科保健理療科1年生の生徒達が校外学習の一貫として視覚障がい者のための手でみる博物館を訪れ、館長の川又若菜さんから触察の必要性について説明を受け、鳥類、魚介類、昆虫類、哺乳類の剥製や骨に触って解剖学や生理学の学習を深めました。短い時間で
したが、学習の上でとても有意義な時間を過ごしました。






2019年7月2日火曜日

東北地区弁論大会・FV大会 壮行式

 7月1日(月)に東北地区弁論大会(山形)に出場する2名と東北地区FV大会(盛岡)に出場する選手の壮行式が行われ、全校の児童・生徒から熱いエールが送られました。
 一人一人が平常心で日頃の成果を出し切れるように祈っています。          

 



             「フレー フレー 盛岡視覚!」

2019年7月1日月曜日

小学部宿泊学習

 6月26日(水)~27日(木)の二日間、小学部3、4年生の児童3名は、「国立岩手山青少年交流の家(テンパーク)」で宿泊学習を行いました。南部曲り家での宿泊、カレー作り、うどん作り、ドラム缶風呂体験を通して、子ども達の協力する姿をたくさん見ることができました。


 

 
 

高等部普通科 前期校内実習

 6月24日(月)~28日(金)に、普通科2組の生徒が校内実習を行いました。5日間、紙工作業・油吸い取りパックアブラすうぞう』作りに取り組みました。

流れ作業で、どんどん製品ができ上がります
約90分間の作業時間、毎時間休むことなく最後まで集中して取り組むことができました。最終日には販売活動も行いました。

心を込めて「はい、どうぞ。ありがとうございました!」
 とても有意義な5日間になったと思います。

2019年6月28日金曜日

高等部普通科宿泊学習

 
6月18日(火)~19日(水)、高等部普通科では、防災や復興についての学習を深めるため、昨年に続いて大槌・釜石方面に出かけてきました。現地での見学や講話を通して「当時の被害の大きさ」を改めて知るとともに「被災時に生き残るための避難の仕方」や「防災・復興のために自分たちにできることは何か」について考えを深めることができました。


 





大槌「吉里吉里国」では震災時に倒された木を薪にして活用するお手伝いをさせていただきました。

宿舎では、お茶を入れたり、腕相撲大会などのお楽しみもあり充実した時間を過ごしました。